最新のツイート:

(元記事: mensfashionmagazine.com (thetieguyから))

"何でもできる何でも屋さんが頑張ると、その人はだんだん道具に近づいていく。道具は壊れるまで使い潰され、壊れたら舌打ちされて捨てられる。"

制約を身につける - レジデント初期研修用資料 (via irasally)

見かけるたびにReblog

(via shimamura-kun)

(hotmailtumblrから)

"

あめだま@snow_spring

会社にくる配送業者を観察してて気づいた事。

クロネコ→2人がかりで持ってくる。 
佐川→一人で来て「すいませーん。大きい荷物なんですけどー。誰か一人手を貸してくださいー。」 
西濃→「誰か若いのー!手貸してくれー!!ワシ一人じゃもてんー!何でこんな大きいんやー!」

"

ツイッターで謝りつづける運送会社「西濃」の伝説 - NAVER まとめ (via hapirai)

(yaruoから)

"実は、同社にはチェーン店売上高よりも一足早く、前期に4兆円超えしたものがある。それは携帯電話や電力、ガス、水道などの公共料金や通販商品の支払業務だ。前期に収納業務による取扱金額は4兆381億円となった。セブンイレブンのレジはおにぎりやお弁当などの商品やサービスの売り上げだけでなく、巨大な集金マシンということになる。"

セブンだけで,こんなに巨額の支払収納代行業務になっているのか.取り扱い手数料として数%を抜くにしても,100億レベルの売り上げなんだな….

セブンの「サプライズなき決算」にある驚きの数字  編集委員 田中陽 :日本経済新聞

(via kashino)

(yaruoから)

"キスには反対するのに、彼らが人殺しだという事実には反対しないのですか? 息子さんが殺人の芝居を目撃するのはよくて、同性同士のキスはだめなのですか? 殺人もキスも芝居ではただのつくりごとですが、まるきり無害な描写――たとえ同性同士のキスだとしてもです――がまったく容認できない一方で、『デストラップ』のような現代物の殺人ミステリーであろうと、『マクベス』のような不朽の悲劇であろうと、殺人を描く演劇が道徳的に容認できる理由は何ですか?"

男同士のキスシーンに苦情。劇団が出したパーフェクトな回答とは? - 石壁に百合の花咲く (via otsune)

(yaruoから)

"昔のセクハラ上司の傑作言い訳の一つに「あれはセクハラじゃ無い。だって彼女の目が誘っていた!」がありますなあw男の弁護士さんがのけぞる始末。"

Twitter / mineral02 (via rpm99)

(yaruoから)

(元記事: mensfashionmagazine.com (thetieguyから))

"「全身を強く打って死亡」って?
「強く打って」という言い回しは、原型をとどめていないほど遺体が損傷している状態。「頭部を強く打って」「胸などを強く打って」など、局部の状態を表していることも多いです。これは、「新聞倫理綱領」に「新聞は人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する」と書かれているとおり、遺体の状態を克明に表現しては倫理に反するので、具体的な描写が避けられているのではないかと言われています。"

「わいせつな行為」と「みだらな行為」の違いは?意外と知らないニュース用語の意味|トレンド|無料動画 GyaO[ギャオ]| (via jimibandrix) (via missingblue) (via isikasa) (via quote-over100notes-jp) (via takeori)

"簡潔にいいますと・・・お酒は、訓練で強くなることはありません。
詳しく説明すると…

飲酒により体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドという物質に分解されます。このアセトアルデヒドは毒性が強いため、分解されず体内に残ると、頭痛・吐き気・めまい・動悸(どうき)など2日酔いの症状が現れるのよ。

アセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に作り変えられ、さらに炭酸ガスと水に分解されて体外へ排泄されるの。これでようやく、血液中からアルコールが消滅するの。
アルデヒド脱水素酵素には4つの種類があり、その中でアルコールの代謝に一番重要な働きをしているのがアルデヒド脱水素酵素の「2型」。

でも日本人の約4%は遺伝的に2型の酵素をまったく持っておらず、ほんの少しのアルコールでも分解できないの。このタイプは、飲んだ直後に動悸(どうき)・めまい・吐き気・頭痛など、2日酔いの症状が現れるわ。
また、約40%は2型の酵素を持っていても働きが弱いタイプなの。残りの56%の人は「働きが強い2型酵素」を持っているため、お酒を飲んでも酔いにくいわ。

この酵素の有無は遺伝で決まり、訓練などで増やすことはできないから、2型の酵素を持っていない人がいくらお酒を飲んでも、飲めるようにはならないのよ。

ただ、体質的にアルコールを分解できない4%の人以外は、長期にわたりお酒を飲むことにより、多少だけどアルコールの摂取量を増やすことができるわ。

なぜなら、飲んだアルコールの約80%はアルコール脱水素酵素、約20%は肝ミクロゾームエタノール酸化系という酵素により分解されるのだけど、後者の酵素はアルコールを常用することにより増える性質があるの。
酵素が増加すればアルコールがアセトアルデヒドに分解されるまでのスピードが速くなるため、酔うまでの時間が遅くなるわ。その結果、アルコールの摂取量を増やすことができるのよ。

でも2日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解能力がUPするわけではないから、2日酔いになる可能性は変わらないわ。
アルコールは百薬の長と言われるけれど、それは適量を守って飲んだ場合のみ。自分のアルコール分解能力を超えた量の飲酒は、肝臓に負担をかけるだけよ。無理をせず、自分の体質に合った量を飲みましょうね。"

お酒って飲めば飲むほど強くなるの? | ニコニコニュース (via feita)

(takeoriから)